臍帯血のなかに血液の「たね」がある

血液がどうやって作られるか知っていますか?


血液中には、赤血球、白血球、血小板などいろいろな血液細胞がありますが、これらはすべて造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)という細胞からできたものです。

いろいろな血液細胞をお花畑に咲き乱れるいろいろな花にたとえると、造血幹細胞は花の「たね」のようなものです。

この「たね」は芽を出していろいろな花を咲かせる能力と、分裂して「たね」の姿のまま増える能力をもっています。造血幹細胞のこのような能力を利用して、血液の病気の治療が行われています。

たとえば白血病は血液を作り出す仕組みが狂ってできそこないの白血球(がん)がどんどん増えてしまう病気です。

そこで、患者さんの調子のおかしくなった「血液のたね」を殺してしまい、ほかの人(ドナー)の健康な「血液のたね」に入れ替えると、治ることがあります。

これは同種造血幹細胞移植(どうしゅぞうけつかんさいぼういしょく)といって、一般に「骨髄移植」として知られている治療法です。

血液は骨の芯にあたる骨髄で作られるので、骨髄には造血幹細胞が集まっているため、移植するための造血幹細胞をドナーの骨髄から取ることが多いからです。

でも造血幹細胞は体内を流れる血液である末梢血(まっしょうけつ)にも少しですが含まれていますし、赤ちゃんのへその緒を流れるさいたい血にも集まっています。

移植するための造血幹細胞を末梢血から取った場合は「末梢血幹細胞移植」、さいたい血からとった場合は「さいたい血移相」です。

どれも血液細胞という花を咲かせるための「たね」を健康な人からもらって移植するという、根本的には同じ治療法です。

骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さいたい血移植の区別は、「血液のたね」をどこから取って来るかの違いにすぎません。

スポンサードリンク

フィード