スポンサードリンク

臍帯血を残すチャンスは一生に一度

お母さんから赤ちゃんへ酸素や栄養を送っているへその緒。

赤ちゃんは、へその緒を通して酸素や栄養分をもらい、二酸化炭素や老廃物を戻すことで、毎日、確実に大きくなっていきます。

このへその緒には、2本の動脈と静脈が通っているのをご存じですか?

「臍帯血(さいたいけつ)」とは、このへその緒の動脈と静脈に流れる血液のことを指す医学用語です。

この臍帯血は、近年、白血病などの病気の治療に、ひんばんに利用されるようになってきました。
テレビや新聞などで目にされたことのある人もいるのではないでしょうか。

このとても大事な臍帯血ですが、通常のお産では、へその緒と胎盤の中に入ったまま、廃棄物として捨てられてしまっています。
しかも、臍帯血は時間がたつと固まってしまうため、赤ちゃんがお母さんのおなかの中から出た直後しか取ることができません。

赤ちゃんのさいたい血を残すチャンスは一生に一度です。
赤ちゃんの将来のためにも、正しい知識を持って、さいたい血を残しておいてください。

このサイトでは、さい帯血の保存や移植の方法や、民間バンクを選ぶポイントなどについても解説をしていきます。


臍帯血移植の基礎知識の新着情報

臍帯血のなかに血液の「たね」がある

血液がどうやって作られるか知っていますか?

臍帯血はどうやって取るの?

では、実際に、さいたい血を採取する場合には、どうやって取るのでしょうか。

民間バンクでの臍帯血の保存

もしも病気になったときに治療に使うために、赤ちゃん本人のさいたい血を企業の運営する民間さいたい血バンクで保管している人もいます。

産科施設の選択について

さいたい血の採取をするかどうかは、それぞれの産科施設の判断です。

民間バンクを選ぶポイント

将来赤ちゃんが病気になったときのためにさいたい血を保管しておきたい人は、どの民間バンクでさいたい血の処理と保管をしてもらうのかを選ぶ必要があります。

誰の臍帯血でも治療に使えるの?

「あの人はA型だから、凡帳面なのね」「彼は、0型だから大雑把」などと、血液型についてはよく話題にされますよね。
実は、このABO式の血液型は赤血球の型で、白血球や赤血球以外の細胞にもHLA(ヒト白血球抗原)という型があります。

臍帯血で治療できる病気

さいたい血のなかには、血液をつくり出す能力のある造血幹細胞がたくさん含まれています。

臍帯血の長期保存は可能なの?

さいたい血は何年くらい凍結保存しておくことができるのでしょうか。

臍帯血移植のメリット、デメリット

日本での非血縁者のさいたい血を利用した移植は年々増え続け、2004年には1年間で698例と、白血病などの治療法として確立している骨髄移植と肩を並べる勢いで行われています。

他の人の臍帯血の方がいいケースも

移植治療を受けたときには、ほとんどの場合はGVHDという副作用が起こります。

フィード